diagonal circle teardrop

障がい者アスリートサポート

障がい者アスリートサポートとは

近年“バリアフリー”という考え方により、障害をお持ちの方でも不自由なく暮らしていけるよう社会全体が変りつつありますが、障がい者スポーツに関しては、国の意識は高まっているものの社会の関心が低く、競技人口やそれをサポートする関係者、活動を運営する資金も少ないといった非常に厳しい状況にあります。

障がい者が「スポーツ」を通して社会への参加、参画を実質的なものとするためには、障がい者が能力を最大限発揮し自己実現できるよう、社会が支援していくことも重要な要素と考えております。

エランシアでは2005年から「障がい者アスリート支援プロジェクト」を展開しており、今までに日本を代表するトップアスリートも含め数多くのアスリートと企業様をマッチングしております。また、アスリートのセカンドキャリアについても積極的にサポートしております。

メリット

  1. 競技環境のメリット

    競技活動 = 業務 が確立されており、競技での頑張りが所属企業への貢献につながります。また、トレーニングや競技活動だけに集中することができ、マネジメント全般、各種スケジューリングもサポート対象です。

  2. 経済的なメリット

    スポンサード契約ではなく雇用契約というスタイルなので、安心して競技に集中することができます。競技活動引退後は所属企業と方向性等を相談でき、長期的なビジョンが描けます。

チャレンジドアスリート サポート

エランシアは以下のアクションをサポートしています。

エイベックス・チャレンジド・アスリート

エイベックス・チャレンジド・アスリート

エイベックス・グループのPhilanthropyは“障がい者アスリートの本気を応援し、サポートし、共に喜び、共に感動し、そして伝える” こと。そんな想いを、障がい者アスリートの方の生の声を、ブログを通じて発信するサイトを運営サポートしています。

サイトを見る

CHALLENGED ATHLETE PROJECT

チャレンジド・アスリート・プロジェクト

チャレンジド・スポーツ競技団体・企業様と一緒に、より多くのチャレンジド・アスリートが活躍できるように、また、チャレンジド・スポーツに対する認知度がより高まるよう、積極的に活動していくことをミッションとしています。

サイトを見る

一般社団法人日本チャレンジドアスリート協会

Mission 20XX! To the next exciting stage

チャレンジドアスリートの社会的価値と競技力の向上をめざし、セカンドキャリア/ダブルキャリア教育の積極的な支援を行うことで、競技環境・生活環境の確保も取り入れた日本初のトータルサポートを実施しています。

サイトを見る

主なマッチング実績

  • 安 直樹選手

    車いすフェンシング

  • 藤田 道宣選手

    車いすフェンシング

  • 佐藤 圭一選手

    バイアスロン/クロスカントリー/トライアスロン

  • 山田 敦子選手

    トライアスロン

  • 東海 将彦選手

    アルペンスキー

  • 田中 佳子選手

    アルペンスキー

  • 鈴木 隆太選手

    スノーボード

  • 花島 良子選手

    デフスノーボード

  • 斎田 悟司選手

    車いすテニス

  • 藤本 佳伸選手

    車いすテニス

  • 堂森 佳南子選手

    車いすテニス

  • 二條 実穂選手

    車いすテニス

  • 高室 冴綺選手

    車いすテニス

  • 深澤 美恵選手

    車いすテニス

  • 高橋 剛志選手

    車いすテニス

  • 北薗 新光選手

    視覚柔道

  • 長尾 康平選手

    ボッチャ

  • 江島 大祐選手

    水泳

  • 田中 正幸選手

    水泳

  • 宮島 徹也選手

    車いすバスケットボール

  • 野澤 拓哉選手

    車いすバスケットボール

  • 大嶋 義昭選手

    車いすバスケットボール

  • 土田 真由美選手

    車いすバスケットボール

  • 田中 聖一選手

    車いすバスケットボール

  • 平澤 奈古選手

    アーチェリー

  • 西家 道代選手

    シッティングバレーボール

  • 加藤 正選手

    シッティングバレーボール

  • 佐藤 泰巳選手

    卓球

  • 佐藤 健選手

    車いす陸上

  • 高橋 健太郎選手

    テコンドー

  • 山田 麻美選手

    バドミントン